めぐるみ (国分寺市)

 国分寺駅から早稲田実業に向かう路地裏に地域の野菜を中心にした食事を提供してくれる店がありました。

 店内は思った以上に広くて統一感のないテーブルとソファ椅子がゆったりと配置されていて、かなりのエコを意識した店と認識しました。

 最初は「野菜のカレー」にしようと思ったんですが、メニュー表をみているうちに店の思いが詰まった「日替りワンプレートランチ」が気に入り注文を変更しました。

 ワンプレートランチは体に優しい食事で健康志向の人には喜ばれる食事ですね。

 でもゆったりしたソファに座ると食事は犬食い状態になり、膝に乗せたり手で持ち上げての食事となりましたが、これが苦にならないのがこの店のいいところかも。

 食後にコーヒーが付いての1,080円なら満足できますが、男性からするとワンプレートランチだけではちょっと割高に感じるかもですね。

13国分寺・めぐるみ1

13国分寺・めぐるみ2
スポンサーサイト

Cribe (国分寺市)

 久しぶりに国分寺駅北口にあるコーヒー専門店「Cribe」に行ってきました。

 コーヒーへの拘りには目を見張るものがありますが、また一段と店は進化しているようです。

 店の奥にまた新しいコーヒー焙煎の器械が入っているし、天井を見れば店主の趣味からか自転車部品が下がっていました。

 飲んだのはいつものように「カフェ ラテ」で上品な甘みを含んだ美味しさは相変わらずでした。

13国分寺・Cribe6

日本テレビの画面から見えた「貝の会」

 土曜日にチャンネルを変えながら何気なく観ていたテレビ画面に突如「貝の会」の文字が見えました。

 番組は日本テレビ「嵐にしやがれ」で、桜井翔が「貝の会」会長として日本の貝の魅力を再発見していく企画で、第二回目として沖縄ロケを行っていました。

 番組内容は関係ないんですが、「貝の会」の文字を見ると自分の過去の中で思い入れがあった分だけ反応しちゃいますね。

49桜井翔の「貝の会」

49村上の「貝の会」

カップ麺に登場した久留米「大砲ラーメン」

 コンビニ店に入ったらカップ麺コーナーに久留米ラーメンの有名店「大砲ラーメン」がありました。

 どうやら久留米ラーメン発祥から80年を記念しての発売のようでちょっと嬉しいですね。

 九州に行くとかなりの回数で丸星ラーメンを中心に久留米ラーメンの店に行っていて、懐かしさもあって1個買って食べてみました。

 味はかなり現地の味とは違っているとこもありました。

40久留米・大砲ラーメンのカップ麺

 カップの説明文にもありましたが豚骨ラーメンは博多(長浜)が有名となっていますが、久留米の屋台「南京千両」から始まり国道3号線沿いに福岡・熊本とか九州に拡がっていったんですよね。

 久留米より福岡に行くにつれ麺が細くなり、熊本に行くとき太くなったようです。

 21年前に国道3号線沿いにある「丸星中華そばセンター」で久留米ラーメンが好きになり、繁華街のはずれにあった発祥店「南京千両」や「大龍ラーメン」「一味ラーメン」「満洲屋が一番」「ひろせ食堂」にも行っています。

 カップ麺にある「大砲ラーメン」にも20年前に行っていて、初代香月昇氏が「負け犬なんかにならない。鉄砲玉のように、いや大砲のように力強く一直線に進んでいこう」と決めて店名を決められたようです。

 「大砲ラーメン」には本店と合川校舎合わせて5度ほど行っていますが、キレのある豚骨スープが堪らないですね。


40久留米・大砲ラーメン2

40久留米・大砲ラーメン合川3

金子半之助  (神田小川町)

 日本橋の有名な天丼の店「金子半之助」神田小川町店に行ってきました。

 3年前、日本橋店に行ったときは暑い中で2時間の行列でしたが、神田小川店は午後1時半という時間もあってかすんなりと入れました。

 「天丼 梅 味噌汁付き」を注文しましたが、やはり上品なタレが美味しい天丼で満足して帰りました。

13神田小川町・金子半之助1

13神田小川町・金子半之助2